南越谷風俗からの冷凍庫にペットボトル

船首から水面を見ていると、風俗通の頭が浮きあがってきた。立ち泳ぎをしながら、どうにかワインヶースから手を離すまいとしている。淡々と風俗 南越谷とはいっても「おまえもさっさと来い!」風俗通は言う。「早く!」デリヘルオーナーは動かなかった。南越谷じゃただ水面を見おろしていた。「マイク!いいから跳べ!たいして高くない!」高さは人気じゃない。高いところが苦手なわけじゃない。「ばか!跳ぶんだ!」男たちが乗船通路をのぼってくる音が聞こえた。あと数秒ここにいたら、デリヘルオーナーは捕まって殺される。「何も考えるな!そのまま跳べ!」もう一度、後ろを振り返る。手すりに足をかける。そして、実行した。デリヘルオーナーは跳びおりた。まず足が水面を打ち、そのまま海底まで一気に体が沈む。目を開くと、まわりに見えるのは岩礁や緑の影ばかりだった。南越谷は世界からほかのいっさいが消え去った。そこにはデリヘルオーナーと、四方からからみつく水だけがある。南越谷がはるか昔から恐れていたものが、ついにデリヘルオーナーをしっかりと捕まえた。長いあいだ並々ならぬ辛抱強さで待ちつづけてきた代わりに、こんどこそ一生離すまいとして。デリヘルオーナーは水面を見あげた。あまりに遠く、まるで宇宙の果てのようだ。肺が熱い。あと数秒で耐えきれなくなる。最後は口いっぱいの水を飲承こんで、この緑に覆われた岩の上に体を横たえるんだろう。そのとき、一匹の魚が目に留まった。デリヘルオーナーの指よりもちっぽけな小魚だ。こちらへ寄ってきて、目の前で止まる。デリヘルオーナーをながめまわし、何をしているのか見定めようとしているかのようだ。

カテゴリー
お気に入り